新薬史観

地雷カプお断り

中国地方旅行6日目(鳥取→たつの→姫路→神戸→京橋)

中国地方旅行最終日となる6日目、鳥取→たつの→姫路→神戸→京橋のコースです。 これまでの旅行の記事はこちら。 中国地方旅行1日目(京橋→広島) - 新薬史観 中国地方旅行2日目(広島→宇部新川→下関→福岡→下関) - 新薬史観 中国地方旅行3日目(下関→秋芳洞→角…

中国地方旅行5日目(松江→地蔵崎→倉吉→鳥取)

中国地方旅行5日目、松江→地蔵崎→倉吉→鳥取のコースです。 これまでの旅行の記事はこちら。 中国地方旅行1日目(京橋→広島) - 新薬史観 中国地方旅行2日目(広島→宇部新川→下関→福岡→下関) - 新薬史観 中国地方旅行3日目(下関→秋芳洞→角島→須佐) - 新薬…

中国地方旅行4日目(須佐→仁摩→石見銀山→出雲→松江)

中国地方旅行4日目、須佐→仁摩→石見銀山→出雲→松江のコースです。 これまでの旅行の記事はこちら。 中国地方旅行1日目(京橋→広島) - 新薬史観 中国地方旅行2日目(広島→宇部新川→下関→福岡→下関) - 新薬史観 中国地方旅行3日目(下関→秋芳洞→角島→須佐) …

中国地方旅行2日目(広島→宇部新川→下関→福岡→下関)

中国地方旅行2日目、広島→宇部新川→下関→福岡→下関のコースです。 旅行1日目の記事はこちら 中国地方旅行1日目(京橋→広島) - 新薬史観 2日目の今回も、印象に残ったところを簡単にメモしていきます。 ①ドクターごはん(広島) ②原爆ドーム(広島) ③新時代…

中国地方旅行1日目(京橋→広島)

みなさん、GWはいかがお過ごしでしょうか?ていうかそもそも連休ですか?ふつうに仕事やってる人も多いんじゃないでしょうか? 私は先週、GWに10連休を錬成したい旨を上司に相談したところ、「現場の皆さんが働いているのに2日も6日も休めると思うなよ、新米…

赤羽居酒屋放浪記

立ち飲みの聖地と名高い赤羽だが、そういえば行ったことないなという話になり、酒が好きな友人と行くことにした。午前10時のことである。なんだかやる気満々だ。 まるます家 総本店 串かつあげあげ 赤羽本店 丸健水産 立飲みいこい 本店 だん家 赤羽店 まと…

年末年始の振り返り

皆様、あけおめandことよろです。 最近更新をサボっていたのには理由があって、scrapboxがめちゃくちゃ日記として有能であることに気がついたからです。特に作品の感想とかを体系的に組み込むのがとても楽で、後から見返すのを考えてもめちゃ便利です。割と…

行った店記録『ガラムマサラ』『新時代』『一軒め酒場』『寅屋 天満』

これは先々週くらいの出来事ですが、原稿を書くのに飽きたため久しぶりに記事を書こうと思います。 生来引きこもることを生業としてきたものだから、休日には一歩も外に出ずとも充実した日々を過ごせるおめでたい性格をしている私ですが、酒を覚えてからとい…

酒と芸術で大阪を満喫する(『但馬屋』『新時代』『スタンド丸勝』)。

「そうだ、大阪に行こう」と思ったのは10月22日(金)のことで、23日(土)には電車に揺られながら去年ぐらいに買ったスズキナオの『関西酒場のろのろ日記』を読み、呑みに行くべき店にあたりをつけていた。この本はとても良くて、大阪に移住してきたばかり…

出張して呑む酒は美味い『ぬくもり酒場ほていちゃん』『串焼BISTRO 福みみ』『龍記』

ブログ読者の皆様 いつもお世話になっております。ねぎしそです。 久しぶりの更新です。 社会人をやっていると挨拶の初手が「お疲れ様です」になるのが面白いですよね(俺だけ?)。この前の休日、一緒にご飯を食べに行った先輩に、挨拶として「お疲れ様です…

【八戸の居酒屋】らぷらざ亭(せんべい汁)

negishiso.hatenablog.com この日の晩ご飯の話。 どこで飯を食おうかと思ってうろちょろしてたんですけれど、ちょうど本八戸のホテルの近くに「八戸屋台村みろく横町」という飲み屋街があることが発覚。札幌でいう「すすきの」みたいなものですね。 そこまで…

【酒田の居酒屋】とらさん(酒田名物のむきそば)

前記事。 negishiso.hatenablog.com はい、ということで秋田行までの列車の待ち時間、100分間に居酒屋を楽しめるかのタイムアタックです。 今回選んだのは「とらさん」。 何と言っても、駅から徒歩2分くらいに位置しており最高に近い。 それに見た目が良い。…

【金沢の居酒屋】三幸、赤玉本店(金沢おでん)

別に本編と分けなくてもよくねえかと今更思ったんだけれど、酒は酒でなんとなく分けてみたい。居酒屋への入店はそれだけでコンテンツなのだ。 というわけで兼六園から徒歩で15分くらいかけて着いたのが、この「おでん居酒屋 三幸」である。かなりの有名店で…

「モツの朝立ち」で呑むマムシ酒

開幕から自分語りをするが、自分は大衆居酒屋が死ぬほど好きである。気取ったバーで飲むカクテルも抜群に美味しいのだが、いかんせん空気が賢すぎるのと、店内に綺麗すぎたり、みなの服装がきちんとしていたり、煙草が吸えない点においてたいへん窮屈であり…

酒についての思い出。あと、純米酒 太平山艸月(そうげつ)

自分は20歳になるまで、酒を極端に避けていた。脳が縮むと聞いたから。大学に入学し、新歓だ送迎会だと周りが未成年飲酒に手を染めるなか、自分だけは断固として酒を飲まなかった。「おいお前も飲めよ!」「嫌です!未成年なので!」「ははは、そうか!(意…